2015年学会資料|1|2012年学会資料|1
2010年学会資料|12345
2008年学会資料|123
2007年学会資料|12345

治療に関する学会発表資料

「2010年6月17日(木)と18日(金)の2日間、第30回日本静脈学会総会が宮崎於いて開催されました。

北青山Dクリニック院長 阿保 義久が、会長要望演題として、「波長2000nmレーザーによる伏在型下肢静脈瘤の血管内治療の評価」を発表いたしました。


臨床効果の比較検討に使用いたしました2000nmの血管内レーザーは、現存のレーザー機器の中で、最小の照射熱量、最短の手術時間で、高い治療効果を示し、かつ合併症の発生頻度を抑えることが示されました。また、患者治療満足度は90%を声、患者の期待に応える治療効果を得ることができました。

波長2000nmレーザーによる伏在型下肢静脈瘤の血管内治療の評価

目的

波長2000nmのレーザーによる下肢静脈瘤の血管内治療の臨床効果を他の最新レーザー機種と比較検討する。

レーザー吸収曲線
予備検証
●目的

各種血管内レーザー照射によるヒトの伏在静脈瘤血管壁の病理学的変化を比較検証し、至適照射条件を決定する。

●方法
レーザー 波長980, 1320, 2000nmの3種類
材   料 ストリッピング手術で抜去した伏在静脈
照射方法
  • 材料を10cmほどの切片に分離
  • 血液を充満させた血管モデルを作成
  • 作成モデルで血管内レーザー照射を実施
比較内容 各条件下での血管壁の病理学的変化