2015年学会資料|1|2012年学会資料|1
2010年学会資料|12345
2008年学会資料|123
2007年学会資料|12345

治療に関する学会発表資料

2000年10月~2006年までの間に北青山Dクリニックで日帰り手術を受けられた方々の中で、425名のアンケート調査をもとに、本年2007年6月に京都で開かれた国際静脈学会で発表した内容です。

ご協力いただいた方々にこの場をお借りして御礼申し上げます。

北青山Dクリニック  院長 阿保 義久


2007年6月18日~20日開催

静脈学会
国際静脈学会

下肢静脈瘤血管内レーザー治療の術後成績の検討

北青山Dクリニック  阿保 義久

伏在型静脈瘤のストリッピング手術を、2000年10月以来、外来日帰り手術で施行してきた。2005年7月からは、血管内レーザー治療を治療選択の一つとして加えた。伏在型静脈瘤に対して、血管内レーザ治療が閉塞率や合併症の点で、根治治療として期待しうるか検討した。

[対象と方法] 対象は、2000年10月より2005年6月までにストリッピング手術を施行した伏在型下肢静脈瘤435例614肢(男:女=1:2.0、年齢21歳から91歳、平均年齢46.6歳)および、2005年7月より2006年12月までに血管内レーザー治療を施行した伏在型下肢静脈瘤228例333肢(男:女=1:3.9 年齢27歳~80歳、平均年齢57.1歳)血管内レーザー治療は、波長1,320nmのNd:YAGレザーを用い、原則として高位結紮を併用し照射出力5W,牽引速度1mm/sで、大伏在静脈は膝下の伏在静脈分岐部よりGSV中枢側断端まで、少伏在静脈は下腿中央部近傍よりSSV中枢側断端までを焼灼した。

不全穿通枝を認めて場合には穿通枝結紮および瘤切除を追加した。高齢者や切開を拒む患者などには、膝下からの穿刺法により対応した。CEPA分類Grande4以上の症例には術中に硬化療法を併用した。術後1週間、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、および1年目に経過観察し、ドプラーエコー検査で照射血管および末梢血管の閉塞の有無、深部静脈血栓症、血栓性血管炎、神経障害、色素沈着などの合併症の有無を確認した。

[結果] 術後全観察期間を通じて深部静脈血栓症を発生した例は1例も無く、術後1ヶ月で血栓性血管炎を生じたのは8肢(2.4%)であった。6ヶ月ないしは1年の経過観察が可能であったのはそれぞれ61例76肢、21例26肢で、術後6ヶ月の時点で再疎通0肢、神経障害が2肢(2.6%)色素沈着6肢(7.9%)、1年目では、それそれ0肢、0肢、1肢(4.7%)であった。[考察]伏在型静脈瘤に対して、1,320nmのNd:YAGレーザーを用いた血管内レーザー治療は、根治的治療の選択肢の一つとして十分期待しうる。

※無断転用禁止