2015年学会資料|1|2012年学会資料|1
2010年学会資料|12345
2008年学会資料|123
2007年学会資料|12345

治療に関する学会発表資料

結果4
閉塞率
結果5
合併症発生数
結果6
治療満足度
まとめ

波長2000nm 血管内レーザー治療は、現存のレーザー機器の中で最小の照射熱量、最短の手術時間で、高い治療効果を示し、かつ合併症の発症頻度を抑えることが示された。患者治療満足度は90%を超え、患者の期待に応える治療効果が得られた。

結語

下肢静脈瘤の血管内レーザー治療において波長2000nmレーザーは、現存のレーザー機器の中で、最も優れた治療効果及び合併症抑止効果が期待できる。