前のページに戻る

下肢静脈瘤日帰り手術における50代女性の症例写真

ID201515219 50代女性 機種 2000nm
院  長
コメント
立ち仕事のため左下肢のむくみが特に強かったが、レーザー治療後間もなく症状は消えた。
順調な経過。しびれも同時に消えたので患者さんは予想以上に改善したことに大変喜ばれた。
治療前 治療後

リスク・費用について

ID201519579 50代女性 機種 2000nm
治療前 治療後

リスク・費用について

ID201522270 50代女性 機種 2000nm
治療前 治療後

リスク・費用について

ID201522777 50代女性 機種 2000nm
院  長
コメント
両下肢の拡張径20mmにも及ぶ大きな下肢静脈瘤に対して2000nmのレーザーを施行。
改善傾向顕著で逆流血管が縮小し末梢の拡張血管はほとんど目立たたなくなった。
治療前 治療後

リスク・費用について

ID201522954 50代女性 機種 2000nm
治療前 治療後

リスク・費用について

ID201523075 50代女性 機種 2000nm
治療前 治療後

リスク・費用について

ID201523157 50代女性 機種 2000nm
治療前 治療後

リスク・費用について

ID201523172 50代女性 機種 2000nm
院  長
コメント
両下肢の伏在型静脈瘤と陰部静脈瘤の混在型。
レーザー治療と硬化療法を併用した。
脚がずいぶん軽くなったとのことで患者さんは非常に喜んでくださった。
治療前 治療後

リスク・費用について

ID201523373 50代女性 機種 2000nm
治療前 治療後

リスク・費用について

ID201524180 50代女性 機種 2000nm
院  長
コメント
両下肢のレーザー治療後10日目に受診した。
手術中、術後の痛みはなく、特に合併症なく順調に経過している。
まだ10日目なので拡張血管が残っているが徐々に消失していくみこみ。
1-2か月後には殆ど目立たなくなっていると思われる。
治療前 治療後

リスク・費用について

ID201524503 50代女性 機種 2000nm
院  長
コメント
両下肢の伏在静脈瘤と左陰部静脈瘤の混在していた患者さん。
全ての静脈瘤を1回の治療で対応した。
レーザー治療後1週間目の経過としては非常に良好。
治療前 治療後

リスク・費用について

ID201524603 50代女性 機種 2000nm
院  長
コメント
右伏在静脈瘤のレーザー治療後11日目。
足首周辺の血管は一般的にはなかなか消えないが順調に縮小している。
拡張径が12mmと大きめの静脈瘤だったので、なおさら経過は良い。
治療前 治療後

リスク・費用について

ID201524631 50代女性 機種 2000nm
治療前 治療後

リスク・費用について

50代女性 (2000nmレーザー、硬化療法)
院  長
コメント
陰部静脈瘤です。2000nmレーザーはファイバーの太さが最も細いため、陰部静脈瘤のような蛇行が強いタイプの静脈瘤にも対応できます。硬化療法を併用すると、細かい複雑な静脈瘤も同時に処理できます。弾性ストッキングの着用は1週間程度。特に強い色素沈着は出ませんでした。
治療前 治療後

リスク・費用について

特徴・リスク

CEAP重症度分類は平均2.5程度です。
日常生活で不便を感じることが多い世代です。
運動圧迫療法の励行が必要な場合が多くあります。

治療費用

保険適用レーザー
総額で25,000円(1割負担)~80,000円(3割負担)/片脚。
自費レーザーなど
総額が250,000~350,000円(税別)/片脚。