下肢静脈瘤レーザー治療センタ― 院長ブログ 〜手術室と診療現場より〜

下肢静脈瘤根治的日帰り治療なら北青山Dクリニック。

*

70代女性 皮膚科でも治らなかったサメのような肌

      2015/02/23

皆さん、こんにちは。北青山Dクリニック院長の阿保義久です。

今回は遠方から治療を受けに来られて、その日に手術を受けた70歳の女性のケースです。

◆性別:女性

◆年齢:70歳

◆部位:両下肢大伏在静脈瘤(SMV)  

◆機種:2000nm 自費レーザー

◆手術施行日:2014/4/5

◆術後来院日:2014/11/21

・右

治療前              7ヶ月後

   3-23-1

 

・左

3-3 3-4

 

地元での病院では2週間ほど、入院して手術を受けるしか方法はなく、

皮膚の状態は治らないかもしれない、と言われたために

治療を躊躇していらっしゃいました。

両脚ともに、最高波長2000nmのレーザーと硬化療法で対応しました。

手術後7か月半後に今回受診されたのですが、

本当に喜んでおられ、私も嬉しくなりました。

患者さんに喜んでもらえるほど嬉しいことはありません。

患者さん曰く

「皮膚科でどんなに治療しても治らなかったサメのような皮膚が

手術後日に日に良くなってきた。

周りから本当に驚かれている。

日本一の先生に治療してもらえて本当に嬉しい。」

とのこと。

下肢静脈瘤の治療はそれほど高度な技術を要するものではないので、

日本一と言われることに多少抵抗を感じましたが、

本当に喜んでおられたので、こちらも非常に嬉しくなりました。

北青山Dクリニック

0120-30-7800

03-5411-3555

オンライン相談はこちらまで

 - 症例写真