下肢静脈瘤レーザー治療センタ― 院長ブログ 〜手術室と診療現場より〜

下肢静脈瘤根治的日帰り治療なら北青山Dクリニック。

*

予防法など

   

質問:
下肢静脈瘤の発生を予防したり、進行を抑えるにはどうしたらよいのでしょうか?
回答:
下肢静脈瘤は徐々に増悪していきます。早い時期に適切な対応をしておく必要があります。

下肢静脈瘤の原因となる下肢静脈のうったいは、①立ちっぱなし②低気圧③高温④ホルモンバランスの乱れ⑤遺伝的に血管が弱い⑥ふくらはぎなど下肢の筋肉の低下 などから発生します。
ふくらはぎの筋肉は第2の心臓とも呼ばれるほど静脈血を心臓に送り返す際に重要な働きをします。すなわち、圧迫療法や足を高くしたりする以外にもふくらはぎの筋肉を衰えさせないようにする(プール歩行が有効)ことも予防に繋がるでしょう。
 下肢静脈瘤は、手術や硬化療法などを行わないで放置しておくと、徐々に増悪していきます。

弾性ストッキングは、静脈瘤の発生を予防したり、症状の進行を食い止めたりはしますが、疾患自体をを解消するものではありません。深部静脈血栓症が万が一ある場合は、肺梗塞など急変のリスクがありますが、下肢静脈瘤だけですと急変する可能性は殆どありません。
日常的には弾性ストッキングを着用して、早めに治療をしておくことをお勧めします。

 - ブログ