下肢静脈瘤レーザー治療センタ― 院長ブログ 〜手術室と診療現場より〜

下肢静脈瘤根治的日帰り治療なら北青山Dクリニック。

*

Dクリニックを支援される方々へ

      2014/12/25

・前々回のブログ「虚偽の情報サイト」で、北青山Dクリニックのマイナス情報を意図的に掲載している某サイトの件をコメントしました。
・そのサイトは下肢静脈瘤の患者さんの口コミ情報を掲載していると謳っておりますが、北青山Dクリニックに対してのみ点数の低い口コミ評価を掲載しています。
・他に掲載されている2か所の医療機関は非常にすぐれた評価が下されています(そのうちの一つのクリニックの先生は開業前にDクリニックの日帰り治療法を見学にいらしたことがあります)。
・明らかに不自然な、意図を感じる、情報掲載のように見えます。
・北青山Dクリニックでは定期的に治療を受けた患者さん方にアンケート調査を行って学会報告しています。
・そのアンケート調査では、患者さんから毎回非常に高い治療満足度が得られており、そのサイトに掲載されている情報は虚偽情報ではないかと、サイト制作関係者に問い合わせの電話、メールを何度かしました。
・しかし、何ら明快な解答もなく、そのサイトは依然それらサクラと思われる情報を掲載し続けています。・医療情報に関してインターネットで検索することは今や常識的なことであり、下肢静脈瘤治療を行う医療機関が激増中の昨今、患者さんやそのご家族は複数のホームページをしっかり読みこんで、信頼できる医療機関を受診しようとされています。
・ホームページが氾濫する中で、他医療機関の中傷を続けるサイトが存在するのは非常に残念なことで、今回は我々が中傷のターゲットになっており、この上なく遺憾です。
・ついこの間までは、このサイトに北青山Dクリニックの治療実績が無断で掲載されていました。
・また、サイトの運営に関与する卸メーカーが、国際静脈学会で、レーザー販売のための広告としてDクリニックの学会発表内容を、無断で使用していたこともあります。
・これら一連のモラルや常識に欠く行いに対して、北青山Dクリニックでは、無断掲載を止めるようサイトの運営責任者に申し入れたことがあります。
・しかし先方は、何ら対応せず、掲載中止の申し入れを逆手に取って、平成20年秋口から現在に至るまでマイナス情報を掲載し続けております。
・この6カ月の間、虚偽と思われるマイナス情報を流し続けており、それは、北青山Dクリニックの名誉を毀損する行為です。
・しばらく静観しておりましたが、北青山Dクリニックを日頃から支援していただいている方々からの促しもあり、今回コメントさせて頂きました。

 - ブログ