下肢静脈瘤レーザー治療センタ― 院長ブログ 〜手術室と診療現場より〜

下肢静脈瘤根治的日帰り治療なら北青山Dクリニック。

*

治療満足度アンケート

   

Dクリニックでは治療満足度調査を定期的に行うようにしています。

今回レーザー治療を受けられた方々の中から無作為に1000名を抽出して匿名アンケートを実施しました。

ありがたいことに毎日アンケートの返信が届いています。

以前、2007年度、2008年に行った際には、どちらのアンケート調査でも「大変満足」「やや満足」と答えて頂いた方が全体の95%を占めました。

今回も、現時点でほとんどの方から「満足」という回答と喜びの声が届いているのですが、中には「やや不満」「大変不満」という方が数名見られます。匿名アンケートなのですが、治療に不満足と答えられた方については、治療日の記載と年齢性別からカルテリサーチを行って特定作業を行っています。すると治療に不満と答えられた方は治療後1‐2カ月以降受診していない方々ばかりでした。

下肢静脈瘤の症状は単純ではないことが多く、レーザー治療やストリッピング手術の経過が良くても、補助療法を後日追加しないとコントロールできないケースが時々あります。レーザー治療1回で完全に治ればそれに越したことはないのですが、時に硬化療法や外用・内服治療を付加しないと満足のいく結果が得られないことがあります(硬化療法を嫌悪する方が多いのですが、最近では硬化療法の製剤や使用法が改良され、その治療効果が非常に高まっており、最近の硬化療法は術後の補助療法として非常に有益です)。

こちらの説明不足なのかもしれませんが、下肢静脈瘤の術後は最低でも半年から1年程度の経過観察が必要なことを認識されていない方が多いようです。

今後は、経過観察通院が不十分な方々にはこちらからお声掛けをすることも考えています。

 - ブログ