下肢静脈瘤レーザー治療センタ― 院長ブログ 〜手術室と診療現場より〜

下肢静脈瘤根治的日帰り治療なら北青山Dクリニック。

*

立ち仕事である医師や看護師には下肢静脈瘤の方が多い

      2015/12/16

以前のブログで「Dクリニックの下肢静脈瘤患者さんは医師率が高い」ということを書きましたが、先週も3名のドクターが当院で治療を受けられました。下肢静脈瘤の発症原因の一つが「長時間の立ち仕事」ですので、手術や検査時に立ちっぱなしの医師や看護師に発症が多いのはうなずけます。

そのうちの2人は典型的な下肢静脈瘤で皮膚症状も伴うほど悪化していたので、最上位機種である波長2000nmレーザーで治療しました。

北青山Dクリニックでは、下肢静脈瘤の手術の他にも椎間板ヘルニアのレーザー治療や胃・大腸内視鏡検査など手掛けており、いずれも苦痛を抑え日常生活に支障のないよう心掛けています。どの診療も多くの医療従事者のみなさんにも受けていただいていますが、中でも下肢静脈瘤の治療を希望する方が突出して多いのです。医療現場を知る方たちに北青山Dクリニックを選んでいただけることは、同業者として極めて光栄なことです。

ある開業医の先生は、8年前に北青山Dクリニックで下肢静脈瘤のレーザー治療を受けられました。それ以来、この先生は何十人もの患者さんにDクリニックを紹介していただいています。

医師が医師を紹介するというのは責任が伴うことですから、そのことは非常に光栄で
その期待に応えらえるよう気持ちを引き締めていきたいと思います。

 - ブログ , , , , ,