下肢静脈瘤レーザー治療センタ― 院長ブログ 〜手術室と診療現場より〜

下肢静脈瘤根治的日帰り治療なら北青山Dクリニック。

*

80代男性 治療をせず放置して重症化した例

   

その男性は、2014年に奥様と一緒に来院されました。

当時、奥様は下肢静脈瘤の治療を希望されていて、
早速レーザー治療を実施し、順調に経過しました。

ご主人も、下肢静脈瘤の症状があったものの、治療が面倒に感じて放置してしまいました。
その後、症状はみるみる悪化し、今回痛みと痒みに我慢できなくなって受診されました。

写真のように下肢静脈瘤の重症例で、早速、血管内レーザー焼灼術(1470nm ラディアル2リング)を施行しました。

潰瘍

潰瘍

「2年前に家内と一緒に治療をしておけば良かった。」
と男性は振り返ります。

長年放置して重症化してしまい、
焦って治療に踏み切る多くの患者さん方は、
「もっと早く治療を受ければ良かった・・・。」
と、口をそろえて話されます。

下肢静脈瘤は外来治療が可能です。
レーザーや高周波の治療は体に負担が少なく日常生活を犠牲にしなくて済みます。
下肢静脈瘤に病む方は、悩まずに早めに治療を受けることをお勧めします。

 - 症例写真