下肢静脈瘤レーザー治療センタ― 院長ブログ 〜手術室と診療現場より〜

下肢静脈瘤根治的日帰り治療なら北青山Dクリニック。

*

スーパーグルー治療(べノクローズ)にグルーガンは必要か?

      2018/10/31

ベノクローズは、シアノアクリレート(通称:メディカルグルー orスーパーグルー)を治療ターゲットとなる静脈の中に送り込んで血管を塞栓する治療です。

治療では俗称グルーガンと呼ばれるピストル型の機器が一般的には用いられているようです。 その機器には、米国製のもの(Venasheal)とトルコ製のもの(Variclose)があり、国内で現在使用できるのは後者のトルコ製です。ただし、この機器は非常に高額です。この治療は、現在保険収載されていないので、国内のどの医療機関でも自費診療で行われます。すなわち、グルーガンを用いて治療を実施すると治療費がかなり高額になってしまいます。

そこで、北青山Dクリニックは、少しでも治療費負担を軽減するために、この高額な機器を用いずにグルーを適切に血管内に送り込む方法を独自に開発しました。すなわち、グルーガンを用いて治療を行うのに比べると、大幅に治療費コストを抑えられています(グルーガンを用いた治療の半額程度)。さらに、グル―を血管内に挿入するカテーテル(特殊な管)もグル―ガンの標準キットで使用しているものよりも細いものを選択できるため、治療後の針孔も最小限になるように工夫しています。

現在は自費診療ですが、将来この治療法が保険収載されるかもしれません。ただし、グルーは複数の種類があり、どのグルーを選択するかによって、その接着力や接着速度、接着後の血管の硬さなどが異なります。最良の素材が保険収載されることを希望しています。

 - ブログ