保険適用の血管内治療

 2011年に980nmの保険レーザー治療が登場してから、下肢静脈瘤の患者さんがより治療を受けやすくなりました。2014年5月からは1470nmレーザー(ラディアル2リングファイバー)、6月からは高周波治療器(ラジオ波治療器、RFと呼称されることもある)が、保険収載され、保険治療の質が向上したばかりか、複数の治療選択肢の中から患者さんの状態やニーズにより適した治療法を選ぶことが可能となりました。北青山Dクリニックではこれら最新の保険適用の血管内焼灼術も積極的に提供しています。

1470nmレーザーによる血管内焼灼術

 980nmのレーザーの欠点であった「術後の痛み」や「皮下出血」の問題を殆ど解消したレーザー治療法です。レーザーファイバーの先端に特殊加工が施され、レーザービームがファイバーから放射状にかつ2重に放出されるため効率良く血管の処理が可能になっています。他の血管内治療法に比べて照射時間が長く、レーザーを血管内に挿入する際に使用するカテーテルが太いことが欠点です。

高周波治療器(ラジオ波/RF)による血管内焼灼術

 高周波治療器はそもそもレーザー治療器より早くから開発されていた治療法で、高温により血管壁を閉塞させるものです。しかし、血管の閉塞率がレーザーに比べて劣っていたため普及してきませんでした。その後、機器が改良され、血管を処理する温度が80℃から120℃まで高められたことにより血管壁の閉塞率が改善し、980nmレーザーと同等の閉塞率であることが確認され保険収載になりました。980nmのレーザーに比べて術後の痛みが少なく手術時間が短いのが特徴です。欠点としては15mmを超える血管の処理には不安があるのと、処理部分が短い血管や蛇行の強い血管では治療が難しい場合がある点です。

北青山Dクリニックでは患者さんの下肢静脈瘤の状態やニーズに応じて以上の治療器を使い分けて治療を実施します。初診時の診察、血管エコー検査により治療法を確定します。