各種レーザー・高周波からメディカルグルーまで

はじめに

下肢静脈瘤の血管内レーザー治療は2000年頃から普及しだしました。
当初はレーザー機器によって照射後の出血や痛み、再発率などに差異があったようですが、最近のレーザー機器は、どれも組織吸収率が十分な波長が選択されるようになり、それぞれ大差ない血管処理能力を有しています。
すなわち、治療成績を決める要因はレーザーの性能(ハードウエア)では無く、担当医の診断能力や治療技術、選択するレーザーの出力や照射速度・照射部位など、治療ソフトであることを皆さんに理解していただきたいと思います。

Dクリニックでは、下肢静脈瘤の種類・性状に応じて5台のレーザー機器、1台の高周波治療機器、及び1台の光治療機器を使い分けています。それぞれのレーザーの特性を応用して下肢静脈瘤の治療を安全かつ確実かつ速やかに行うよう細心の注意を払っています。

下肢静脈瘤は非常に個人差が大きい疾患です。しかし治療の本質はシンプルです。「とにかく最新であれば良いレーザー」と謳っているレーザー販売会社の宣伝文句にあおられずに、モデルとして完成された各レーザーの特性を理解し、下肢静脈瘤の病態に応じて適切なレーザーを選択し、間違いのない治療手技で対応することが非常に大切であると考えています。 北青山Dクリニックでは以下のレーザーラインアップで下肢静脈瘤のすべての症状に対応しています。

名称
LISA社 Revolix jr エンドレーザー(ドイツ製)
スペック
ウルトラロングパルスレーザー(2000nm)
特徴
①典型的な下肢静脈瘤である伏在型静脈瘤(ボコボコと浮き上がるタイプ)に適したレーザー。
②現存のレーザー機器の中で、組織への吸収率が最も優れており血管の処理をより速くより確実に行うことができる。その点では、現在有能なレーザーであると考えられている1320nmや1470nmを超越したモデルと言える。
③Dクリニックでは処理しなければいけない血管が極めて長いものや、血管の径が大きいものには、このレーザーを第一選択としている。以前実施したレーザー治療効果比較試験の結果から最も信頼できるレーザーの一つ。
名称
べノクローズ メディカルグルー(医療用接着剤)治療
特徴
①医療用シアノアクリレート(nブチルシアノアクリレート、2オクチルシアノアクリレート)により弁不全を来した静脈瘤の内腔を閉鎖する。
②2015年頃より欧米で治療開始され、その高い治療効果・安全性に関する論文は多数。
③Dクリニックでは、レーザー、高周波を超える次世代治療として、2017年1月よりべノクローズを開始。
名称
Cool Touch社 CTEV エンドレーザー(アメリカ製)
スペック
NdYAGクールタッチレーザー(1320nm)
特徴
①古い810nmのダイオードレーザーをしのぐモデルとして登場した。
②Dクリニックでは2005年から2008年までこのレーザーを中心に使用し、安定した治療成績を残してきた。
③ただし、レーザー照射がパルスモードのため血管処理に要する時間が長いことと、照射に用いる使い捨てファイバーに他社の製品が使えないなど自由度が乏しいため、現在Dクリニックでは2000nmや980nmのレーザーを中心に使用し、この1320nmの使用頻度は減っている。
名称
Biolitic社  ELVeS 980nm エンドレーザー
スペック
ダイオードレーザー(980nm)
特徴
①2011年より保険収載されたレーザー。組織への吸収度は2000nmや1470nmに比べると落ちる。水吸収型ではなくヘモグロビン吸収型のレーザー。
②980nmより治療効率の良い1470nmのレーザーが保険収載されてからは原則として治療に用いられなくなった。
名称
Biolitic社  ELVeS 1470nm エンドレーザー
スペック
ダイオード 1470nm レーザー
特徴
2014年5月に保険収載された。980nmよりも水吸収率が大きく治療効率が良い。さらにラディアル2リングファイバーを採用しレーザービームをファイバーから放射状に照射するため、血管の収縮率が大きく術後疼痛が減った。
名称
COVIDIEN社 Closure RFG? ジェネレーター
スペック
高周波(RF/ラジオ波)
特徴
2014年6月に保険収載された。従来はレーザー治療器よりも再開通率が大きかったが、120℃の高温を産生できる機器に改良されてから治療成績が向上してきた。治療時間が短いのと術後疼痛が少ないのが特徴。ただし、拡張径の大きな静脈瘤に対する治療効果はレーザーに劣る印象。
名称
CANDELA社 Gentle YAGレーザー(日本製)
スペック
ロングパルスYAGレーザー(1062nm)
特徴
①網目状静脈瘤、クモの巣状静脈瘤など細かいタイプの静脈瘤(青色や赤色の細かい血管)に対応できるレーザー。
②今まで医療機関では殆ど対応されてこなかったタイプの静脈瘤を処理することができ、赤ら顔やニキビ跡の治療にも使用され、応用範囲の広いレーザー。
名称
Paloma社 スーパーフォト(IPL)
特徴
①マイドンレーザーが対応するものよりさらに細かい微小クモの巣状静脈瘤に対応する。
②肌の質感を取り戻したり、しみや赤味を取り除くためにも用いられる。美肌治療にも使用されている。

関連ブログ https://www.varixlaser.com/doctor/2014/07/rf.html

メールでのお問い合わせはこちら

電話でのご相談はこちら 電話050-7301-5362
電話でのご相談はこちら 電話050-7301-5362 メールでのお問い合わせはこちら