体外照射レーザー(ロングパルスYAGレーザー)治療について

青や赤色の細かい「網目状」、「クモの巣状」の脚にできる静脈瘤の治療は、以前まで患部である静脈の中に直接「硬化剤」を注射して、血管の内側の壁をくっつける「硬化療法」が行われていましたが、最新の「ロングパルスYAGレーザー(G-YAGレーザー)」では、硬化療法では難しいとされていた、細かいタイプの静脈瘤の治療にも対応し、治療が30分程度で済み、治療後すぐ帰宅することができます。

また、頻繁な通院もなく、施術後はすぐ日常生活に復帰することもできます。

また、メスを入れない方法なので、体への負担も少ない治療法です。

体外照射レーザー(ロングパルスYAGレーザー)治療について
硬化療法とG-YAGレーザーの比較
硬化療法 G-YAGレーザー
施術時間 30分 30分
治療回数 多い 少ない
施術時疼痛 あり 麻酔でコントロール
細かい静脈瘤への対応 なし あり
弾性ストッキング 不要
治療メカニズム
治療メカニズム
レーザー治療の効果

G-YAGレーザーによる網目状静脈流治療の効果

レーザー治療の効果
レーザー治療の効果
合併症
施術時疼痛
無麻酔での施術は難しいので、予め、麻酔テープを貼り、静脈麻酔などの麻酔管理を施術中に行います。
色素沈着
炎症後の色素沈着が1~6ヶ月残存することがあります。必要に応じて、回復を早めるための内服・外用治療を行うことがあります。
水泡・発赤
レーザーエネルギーが熱を産生するため、軽い火傷のような反応が見られることがあります。通常は自然に消退して、痕は残りません。簡単な治療が必要になる場合があります。
費用

保険診療が認められていないため、自費診療となります。

治療費用は、10cm四方あたりで1万円、片脚全体を照射した場合は上限10万円(両脚全体だと上限20万円)となります。

処置する血管の範囲が10cm四方くらいであれば5分程度の施術時間になります。

両脚全体に広がるタイプの場合は1時間~1時間半くらいの施術時間になります。

青や赤色の細かい「網目状」、「クモの巣状」の脚にできる静脈瘤は、「レッグベイン」(leg vein ― 下肢の静脈瘤)と呼ばれます。

レッグべインについて詳しくお知りになりたい方はこちら

メールでのお問い合わせはこちら

電話でのご相談はこちら 電話050-7301-5362
電話でのご相談はこちら 電話050-7301-5362 メールでのお問い合わせはこちら