取材記事からの有益情報

下肢静脈瘤治療ドクター・病院選びのポイント

各種治療法(血管内焼灼術、ストリッピング手術、硬化療法など)にはそれぞれ適応やメリット、デメリットがある。治療費なども念頭に、いい情報もネガティブな情報も正直に分かりやすく伝えてくれる、熟練した血管外科医を選びたい。そのためにはホームページ等で症例数や患者の満足度などを積極的に公開しているかどうかが参考になる。

阿保義久医師の紹介

血管外科のスキルを生かし、下肢静脈週の日帰り根治手術のノウハウを日本で初めて確立。2000年10月以来4000脚以上を執刀した(当時) 高い安全性と有効性が評価され、今では全国の医療機関で同治療が広がっている。最先端治療法の導入にも積極的で、医療用レーザーを用いた先進の血管内治療の実績は、ここ数年は年間1000脚程度。治療の根治性、安全性を最優先し、満足度の高い医療を提供している。 その証は患者への術後アンケート95%が満足と回答していることからも読み取れる。