取材記事からの有益情報

手や足の血管が浮き上がって、目立ってきていませんか?

下肢静脈瘤を知っていますか?

女性の4割に発症する下肢静脈瘤は、ご存じない方が多い病症です。足の血管がボコボコと浮き上がってくる症状で、加齢や立ちっ放しの仕事、妊娠がきっかけとなって発症します。また、だるさや重み、痛みやむくみの原因にもなります。今、下肢静脈瘤はレーザーを使って日帰り手術で治療することが可能です。下肢静脈瘤の治療の第一人者の阿保義久先生に、治療の最前線についてお伺いしました。

手の血管が浮き上がってきた原因は老化

加齢とともに手の甲の血管が浮き上がってきた…、と自覚している人が多いのではないでしょうか。原因は血管の老化。「ハンドベイン」といって、血管が弾力を失って広がり、浮き上がってきているのです。手だけでなく、足にも同じことが起こりますが、足の方が重い症状になりやすい傾向があります。これは「下肢静脈瘤(かしじょうみゃくりゅう)」といって、特に膝の裏や脚の付け根に血管が瘤状になりボコボコと浮き出てきます。ほかにも青い血管が網目状に見えてきたり、血管そのものが浮き上がって枝のように見えたりする場合もあります。女性の4割に発症し、見た目も気になりますが、だるさや重み、痛みやむくみの原因にもなります。

下肢静脈瘤ができる理由はなに?

重力で血液が脚に溜まらないように脚の静脈には逆流防止弁がついていますが、仕事などで立ちっ放しの状態や妊娠により弁に負担がかかりすぎると、壊れてしまいます。そのため血液が逆流して血管が浮き上がってくるのです。妊娠で発症する理由は、ホルモンの影響で血管が膨らみやすくなったところに子宮が大きくなって静脈を圧迫したり腹圧が高くなるためです。残念ながら一度血管が広がってしまうと元には戻りませんが、脚を強く締めつける弾性ストッキングを着用して、これ以上悪化しないようにする方法があります。治療する場合は、手術をします。弁が壊れた静脈を取り除いたり、血管に硬化剤を注射して血管を固め、萎縮させて次第に消えていくようにする治療法などがあります。また再発したり神経障害などの合併症が起こる可能性があります。他にも、入院が必要な場合もあり、手術は精神的、身体的に大きな負担でした。

レーザーで血管の浮きが治る!

今、最先端の治療法はレーザーです。麻酔をするので痛みもなく、傷あとも殆どなく、手術時間も15~45分と、メスを使う手術より短く日帰り手術で済みます。
伏在静脈瘤など血管が太い場合の手術は、麻酔をしてからレーザーファイバーを血管に入れ、レーザーを血管内部に照射します。レーザーで焼かれた血管は閉塞して血液が流れなくなり、徐々に萎縮してききます。ハンドベインも同様に治療ができ、女優やモデルなど美意識が高い人達に人気の施術です。

患者さん満足95%の北青山Dクリニック

北青山Dクリニックではハンドベインから下肢静脈瘤まで、3台のレーザー機器と高周波治療器を症状に合わせて使い分けます。院長の阿保先生は、血管外科専門のドクター。症例数26,000肢以上の経験を持ち、患者さん満足度が95%と高い支持を得ています。個人の症状に応じて、レーザー以外にも時には手術療法を組み合わせて、的確な治療を施し、すべて日帰りの手術が可能です。まずは、ホットライン(03-5411-3555)に相談してみましょう。