下肢静脈瘤グルー治療(保険適応)

グルー治療とは

グルー治療とは、いわゆる瞬間剤により逆流を来している病的な静脈を閉鎖させる治療です。治療メカニズムは、既に低侵襲治療として位置づけられている血管内レーザー焼灼術や高周波(RF)焼灼術と同様、カテーテルを用いてデバイスを病的血管内に挿入し血管を閉塞させて逆流を止めるというものです。接着剤を英語でglueと表現することから「グルー治療」と呼ばれています。ここで用いるグルーはいわゆる瞬間接着剤(シアノアクリレート)に分類されますが、工業用に用いられるメチルシアノアクリレートなどではなく、医療用のnブチルシアノアクリレートで生体に対して基本的には安全です。

2013年頃から海外の論文にはその治療成績が次々と報告されレーザーやRFを用いた血管内治療よりも体にダメージの少ない治療として注目されました。当クリニックにおいても2016年よりスーパーグルー治療(ベノクローズ)として適応例に治療を提供しており良好な治療満足度結果を得ています。この期待される治療が2019年4月に日本で薬事承認され(VenaSealクロージャ―システム 写真 日本メドトロニック)、12月には保険収載されました。いよいよ日本でも本格的に本治療の提供が開始されます。

スーパーグルー

バイアル内のグルーをシリンジで吸引して注入器(ディスオペンサガン)に装着し、その先につけたカテーテルを用いて静脈内に注入。ガンのリリースボタンを3秒間押すと、グルーが0.1ml押し出される仕組み。

レーザーやRFは、血管内を閉鎖する際に熱を発しますが、グルー治療は接着剤で血管を閉塞させるために熱を出さないことが大きな特徴です。そのために、治療の際に血管周囲に局所麻酔を広げる必要がありません。レーザーやRFによる治療と比べて、この点が大きな特徴です。下肢静脈瘤に対する従来の根治治療はストリッピング手術でした。それがレーザーやRFによる血管内焼灼術に進化してきたわけですが、グルー治療の登場によりさらに下肢静脈瘤の治療がさらに低侵襲化したと言えます。レーザーやRFは、血管を処理する際に熱を発するため、血管周囲の麻酔(TLA麻酔)が必要です。一方、グルー治療は、血管を閉鎖する上で熱を殆ど発しないためTLA麻酔が不要です。ただし、グルーを注入した後、しばらく血管を圧迫して物理的に押さえつけなければいけないため、治療時間はそれほど短縮されません(むしろ、レーザー/RF血管内焼灼術よりも治療所要時間が長くなる可能性はあります)。

グルー治療は熱(Thermal)を発せず、TLA(Tumescent Local Anesthesia)が不要なので、Non Thermal Non Tumescent therapy 略してNTNTと表現され、熱を産生しTLA麻酔が必要なレーザー/RF血管内焼灼術は、Thermal Tumescent therapyすなわちTTと表現されます。

レーザーやRFに比べると高価な治療器本体が不要なため初期導入費が少なく、ランニングコストとしてガン、グルーなどの医療材料のみになるため、医療機関にとっては導入しやすいと言えます。ただし、適応外の静脈に安易に治療を提供する医療機関が生じないように良識ある医師達が目を光らせる必要が医療界に求められるかもしれません。


グルー治療のメリットデメリット

これからの下肢静脈瘤治療として大変期待されるグルー治療ですが欠点がないわけではありません。まず、長期成績や重症例への効果が十分蓄積されていないため、比較的軽症の静脈瘤が適応となります。また、同様に薬剤で血管内を閉鎖する硬化療法と異なり、グルーは体内に吸収されることがないため、微量ではあっても血管内に残存し続けます。そのため、遅延型のアレルギーを生じることが稀にあり、それが重症化すると血管を全て切除しなければいけなくなる場合があります。体に優しいはずの低侵襲治療を選択したのに、重症の遅延型アレルギーにより広範囲の切開が必要になったとしたら悲劇です。そのために、グルー(瞬間接着剤)にアレルギーのある方や、アレルギー体質の方(複数のアレルゲンを持っている方)はグルー治療が適さないと考えられています。

メリットについて

・TLA麻酔が不要
・治療後に圧迫ストッキングを履かなくて良い可能性あり➡治療当日から入浴可
・治療後の出血、神経障害のリスクが少ない

デメリットについて

・中等症以上、複雑なタイプの下肢静脈瘤治療には向かない
・長期治療成績の報告が乏しい
・遅延型アレルギーを発生するリスクがある


グルー治療の安全性

グルー治療は、下肢静脈瘤治療に用いられる以前に、脳動静脈瘻(ろう)や胃食道静脈瘤などの血管内治療として長く実施されているものです。脳動静脈奇形に対する治療としてはFDAで認可され1万件以上の治療実績があります。
当クリニックでも2016年から、治療を提供しており、重篤な合併症はありません(遅延型アレルギーの発症例はあります)。


監修医師

院長名 阿保 義久 (あぼ よしひさ)
経歴

1993年 東京大学医学部 卒
1993年 東京大学医学部附属病院第一外科勤務

虎ノ門病院麻酔科勤務
1994年 三楽病院外科勤務
1997年 東京大学医学部腫瘍外科・血管外科勤務

2000年 北青山Dクリニック開設

所属学会 日本外科学会日本血管外科学会日本消化器外科学会
日本脈管学会日本大腸肛門外科学会日本抗加齢学会
日本癌学会日本癌治療学会日本再生医療学会