概要

弾性ストッキング(弾力ストッキング)は、下肢静脈瘤の治療や予防法として基本となる圧迫療法に用いられる医療材料です。下肢を外側から適度に圧迫することにより、静脈の病的な拡張が抑えられ、その還流が促されて血液循環を改善させる効果があります。普通のストッキングと異なり圧迫力が相当に強いので、着用するのに多少骨が折れることがあります。弾性ストッキングの代わりに弾性力のある包帯を使用することもできますが、日常的に使用する場合には、包帯をいちいち足にまくのは現実的ではありません。

また、市販でもさまざまな弾性ストッキングが販売されており、夜間就寝時にのみ使用して「美脚をつくる」ことをキャッチフレーズに販売されているものもあります。しかし、市販のストッキングは圧力が弱めです。また、弾性ストッキングは重力の影響による血液のうっ滞に対して改善効果を求めるものなので、夜間横になっている時に着用の必要はなく、立ちっぱなしや座りっぱなしの時間が多い日中に使用するのが適しています。

下肢静脈瘤とは?を詳しく知りたい方はこちら

医療用弾性ストッキング

医療用に用いられる弾性ストッキングは、特に足関節部の圧迫圧が強く、脚の付け根に向かうほど圧力が弱くなる段階的な圧力構造を有しています。これにより足先から頭の方へ向かう静脈の流れをサポートすることができます。市販のストッキングも同様の工夫が施せているものが多いですが、医療用のストッキングは治療の補助に用いられることが多く、医師の指示の下で使用することになり、全体的に圧力が大きめです。下肢静脈瘤の治療に用いられる場合は、最大の圧迫圧は30-40mmHgものが選択されます(市販の一般的に使用されるものは10-15mmHg)。弾性ストッキング着用は、静脈のうっ滞改善に非常に有益ですが、これを使用することで下肢静脈瘤が治るわけではありません。下肢静脈瘤の症状の緩和や、悪化を抑える効果が期待されます。また、下肢静脈瘤の根治的治療である血管内焼灼術や硬化療法などの補助療法、補完治療として弾性ストッキングによる圧迫療法は非常に重要です。


当クリニックで採用している弾性ストッキング

医療用ストッキングの多くは欧米製のものですが、当クリニックでは日本人の体質や体型にあったオリジナルの国産のストッキングを使用しています。また、患者さん方の声に応える形で工夫を施し、以下の特徴を有しています。

医療用弾性ストッキング

•下肢静脈瘤に対する治療を最前線で提供いる医療現場から生まれた
•医療用の十分な圧迫力を持ちつつ、柔らかく履きやすい
•消臭効果のある糸を使用しいつでも快適
•糸をダブルコーティングしているため破れにくい

監修医師

院長名 阿保 義久 (あぼ よしひさ)
経歴 1993年 東京大学医学部 卒
1993年 東京大学医学部附属病院第一外科勤務

虎ノ門病院麻酔科勤務
1994年 三楽病院外科勤務
1997年 東京大学医学部腫瘍外科・血管外科勤務

2000年 北青山Dクリニック開設

所属学会 日本外科学会日本血管外科学会日本消化器外科学会
日本脈管学会日本大腸肛門外科学会日本抗加齢学会

メールでのお問い合わせはこちら

電話でのご相談はこちら 電話050-7301-5362
電話でのご相談はこちら 電話050-7301-5362 メールでのお問い合わせはこちら